忍者ブログ

もっと欲しいっていってごらんなさい。

3年程続けたブログからお引越し。更新頻度は減ってもやめられない。
COPYRIGHT©カルメン ALL RIGHTS RESERVED

DATE:11.18.05:50
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/18/05:50

DATE:02.04.21:47

 とにかくめちゃくちゃ落ち込んでる。
 珍しい。

 3日も落ち込むなんていつ以来だろう。

 めちゃくちゃ落ち込む。



 バロンさん、お返事遅くなっており、すみません。
 落ち着いたらお返事させてもらいますね。



バロンさん!!!!御心配おかけしてすみません!!

この記事を書いた翌日に大復活できました^^;

やぁっと卒業も決まり、今はちょっと晴々とした気分です♪
PR

DATE:12.13.14:02
年末です



流行にのってインフルになった所を気づかずに自然完治し(周囲の皆に感染なし)、
風邪ひいては治りかけ、また風邪ひいて、忙しく動き回り、色んな人との約束果たせず。
 





Necoさん、早く彼女に会いたいよ。
Meowさん、結局ご飯すみません。
バロンさん、ありんこさんに会いたい←希望
はじっこさん、いつか会ってくれますか?←質問
 
 
 
 


あ、無事、タンイは大丈夫だと思います!!!!
ふはぁ~~。
 
でも、この時期になって、後数カ月だというのにいなくなった仲間が。。。
 
 
 



そろそろ皆満身創痍。
 
 





でね、私、この3年間、体調崩しっぱなしでおべんきょしてないんですよ。
要領いいから、頭のいい感じの文章書けちゃうらしいんですよ。この前教授に驚かれました。

え?君、そんなに基礎知識抜けてたのかっ!答案は頭よさそうなのにって笑。
 



もう駄目だね。
 

もう誤魔化しは効かないから。
 
 
これからが私の本番~♪
 
 
 


そして。髪を乾かす時間がもったいない。髪切ろう。最近ローで変なファン(本当に怖い)がいる。威嚇したい。そういえば最期に記念になる髪形を。。。ってことで、
 
 




おかっぱスパイラル?
いや、ショートボブスパイラルにしました!!
見た目はボブだけど、長さはショート。ふっふーん♪
 
 
 
 


話はとびとびでね。
なんで私はアウトローな人と相性がいいんだろう。

↑アドバイス募集中・笑

とびきり苦労しすぎてネタのような人生送ってきてる、アウトロー(今はちゃんとした仕事で稼いでいます)さんと友達以上、恋人未満です。
 

彼も忙しいので発展する時間がなく笑。
 
 
 
ただ、私に八つ当たりされたり無茶ぶりされてもニコニコしてます。受話器のむこうで。
彼とどうなるかは分からないけれど。
 
 
 
 
 


なんらかの手続きとか、色々走り回ってたある日、ローで倒れそうになってる情報を聞きつけた彼が(情報を流したのは私ですね)、
たまたま仕事早く終わったからって、私の家まで電車での道のりを付き合ってくれました。彼の住んでいる場所を考えると小旅行。。。
 
 



苦しんで寝ている間にスパイラルの分け目を変えられました。
 


嬉しかったからほっぺにチュウしたら怒られました。
 
 
 







ただ、計算外だったのは。。。。。この髪形でシケンの証明写真をとったこと!!
スパイラルなでつけなでつけ頑張りました笑。
 
 
 
 
ちょっと早いけれど、皆様、今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
いいお年を☆
 






DATE:09.18.16:33
Imagine

 試験中に体調に異変があり、病院で精密検査をし、退学の危機にありました。
 
 退学っていうのも、試験受けられない=タンイとれない=留年できない=退学
 の公式。
 
 奇跡的な回復力(byドクター)で次の日に病院から試験うけにいって、6時間ぶっとおし試験を受けてました。
 



 でもでも、その結果、どうなるのかは明日の今頃分かるはずなのです。
 だからどっきどき。
 

 でもねでもね。どうなろうと絶対諦めない。他にも方法がある。
 あんなに頑張ったんだし、タンイくれてるだろう!!大丈夫!!
 

 だってあと、半年で卒業できるんだし!ね!自分よ。
 
 
 
 







ハワイに行ってきました。
 
 

いえね。家に帰ったら、母にいきなり「ハワイに行くから」と言われ、ばったばたで行ってきましたよ。
 
 




ハワイでは、一日目、私が日本でためこんでいた疲れをだしてダウン。母はこれが目的で連れてきたらしい。こうでもしないと、私の疲れが出ないってね。
一日うんうんうなされ。治り。
 
 


次の日母がダウン笑。
いろんな薬局でおばちゃんとあの薬はあーだこーだ言いながら買い。
チャイニーズのおばちゃんのすごいアクセントの英語をなんとか聞き取り、野菜たっぷりのサンドウィッチを買い(ここ、絶品なのに、物価が高いハワイにしては本当に安い)。
 
 




2人とも元気になったところで、PCCに行ってきました。
http://japan.polynesia.com/index.html
 
 
例えるならば、でぃずにーのような規模のテーマパークで、フィジー・タヒチ・サモア・トンゴなどなどなどなどの村が再現してあり、民族衣装を着た人たちがカヌーに乗ってたり、私たちがカヌーに乗ったり、カヌーの上でダンスしてたり、火を起こしていたり。
 


もう、4,5回はいっているリピーターなんだけど、一日中遊べて楽しく、かつ学べる。
 



一番、いいなぁと思うのが、スタッフのほとんどが大学生なんです。ここで働いたら、学費が全額ではなくても
免除されたり。まだまだ貧しいポリネシアンの方々は、午前中大学行き、午後、夜まで働いて頑張っています。
 
 


しかも、そこらへんのプロよりもダンスなどの技術は上。
 



もちろん、日本人留学生もいて、いつも日本人にガイドとしてつく。
かわゆい女の子がつきました。
 
 






色んな村を周って。。。とある村で、太鼓のショーがあるという。参加できるという!!!
 
 






舞台を囲むように続々と白人さんが前列に中心に並び(ちょっと差別あるよね。)、ショーが始まると筋肉隆々の男性が太鼓をたたき始める!
 




が!参加できるのは男性オンリーとのこと!!
ナイスガイなガイドさんによると「女の人は厳しいですねえ。」
 
 
 

と、ここで、
太鼓先生「リールマンがいないか?いたらここに上がってこい!!」
 








激しく手を振る私。
 
 

怪訝そうな顔をする(冗談で)太鼓先生。
 
 
 
激しくジャンプしながら手を振る私。
 
 




太鼓先生「しかたない!あがってこい!」
 





他に、中国、ケンタッキー、オーストラリアから来た男性が選ばれる。
 
順番に太鼓を叩く。
 





私の番。
 
 



筋肉先生、私を見ながら胸筋を動かす。


対抗してチェストポップ(胸の筋肉をはじく、ダンスの技です)をすると、会場、どっとウケル。
 



ここらで、筋肉先生、私はいける奴だと思ったらしく、次々難題を押し付ける。
雄たけびをしろーとか、なんとか、全部「わひゃあああああああ!!」などと叫んでいました。
 

ケンタッキー「すごいね、君。」
 
 
終わって席に戻ろうとすると、各国の人たちから「グッド ジョブ」と言われ、
なぜかいきなり団結している日本人観光客。
 
ガイドちゃん「格好いいです!!ありがとうございます!!」
 
カル母「うけてた。」
 
 
 
 





存分に楽しんだんだけど。
全くといっていいほど、ナンパがない!!!!!!!
なんじゃこりゃー!


出店が並んでいるところを通っても、他の観光客は声をかけられているのに私はかけられない。
観光客に配っているチラシも私にはくれない。
 
 


見えてますかー??
私、見えてますかー??
 
 





そのことを、ヌーブラのEカップちょうだい。といったら、Bカップを持ってきた、グラマーな可愛いアフロアメリカンのお姉ちゃんに愚痴を言ったら、
 




「だってあなた、日本人ぽくないもの!
 迫力があるのよ!
 私も話しかけられなければ話してないわ!」
 


と爆笑される。
 
 

「じゃあ、何人に見えるのよ!!」
 


「そういわれると、よくわからないわ!!」
 
 
と、地球人の称号をもらいました。
 
 
 



そして、いつもやるんだけど、郊外にバスを乗り継いでふらっとするの。
 


ボロボロの格好して、現地人ぽく振舞って。
ハワイの裏側です。ちゃんと見ておきたいんだよね。
 
 


世界的な不況。
文字にするだけでも馬鹿みたいに当たり前になってしまっているけれど。
本当にハワイには元気がない。
 
 



明らかに食の質も落ちているし、観光客もお買いものをあまりしていない。
 


メイドさんに話しかけて世間話をしていると、なんとチップも全くくれないパターンが本当に多いんだって最近。スタッフもどんどん減らされているし。
 
 

現地のニュースでも暗い話題ばかり。
 
 


働いている人たちも、心っからの陽気さがなくなっていて、ただ、そう振舞っているようにみえる。
 
 
 
 




9・11を挟んだ今回の旅。
いつもハワイアンを演奏しているバンドは、その日違う曲を演奏した。
ジョンレノンの、「イマジン」
 

皆、はっとしてプールから出て、しんみり聞いていました。
 
 
 










物思いにふけりながら、バスをまつ。
と、仲がいいのか、2人づれの電動車椅子のおばあちゃんがこちらへやってくる。
 
と!!
そのおばあちゃんは、電動車イスを自分なりにデコレーションし、煙草をプカプカふかしながら、遅い原付くらいの猛スピードで駆け抜けた!
 
暴走おばあちゃん軍団。
 
 


なんだか。大丈夫な気がした。
皆頑張っている。
 
 
 
 
 




帰国して、外国人の友達に、

「あのね、私、海外では迫力のあるオーラがあるらしいの。でも、日本ではそうでもないと思うのよ。なにこれ?」
 
 と尋ねると、
 
「なんか分かるかも。俺も最初、カルメンと会ったとき怖かった。」
 
 結局、理由分からず。
 
 
 
 



これからドンドンと激しく不況の荒波がきますね!
セイケン交代もして、税金の取り方がいやらしくなりますね(実現されれば)。
家計にも大打撃だし、ホーリツを改正されたら、私としても大打撃。
 
 
まずは明日を突破して。それからまた頑張るんだ。

DATE:07.21.23:00
ハッピーバースデー私。

バロン会、行きたかったなー。。。
 
バロンさん、日本の夏はいかがですか?
Meowさん、母のストールは活躍していますか?
ありんこさん、ぎゅってしたい。
 
 
 
 
 
実は、またまたアメリカン達とラフティングしに行こうと言っており、春・夏は一度しか遊ばないと決めていたのねー。
 
 
奥地の奥地、電車は一時間に1本という川に行ってきました。
 
 
本当は日記形式に書きたいけれど。。。網羅的に。
 
 
 
 
 
 
がけのようなところをボートを持って降りるのがハードすぎて実は皆、始まる前にバテていたことを言えなかった。
私が「もう無理なんだけどー」って言ったら皆安心していた。
 
 
 
 
 
結構頑張ってこがないと岩に激突!
 
 
 
 
穏やかな流れの所は手ですくっていく水が綺麗。
 
 
 
川の色が透明だったり、深い青だったり、エメラルドグリーンだったり。
 
 
 
 
 
所々で休憩するんだけど、B(アメリカン)とY(おフランス)を中心に皆で遊びすぎる。
とにかく誰かを引きずり降ろしたり、お水掛けたり、スパイダーマンごっこ(私だけで)とかもね。
 
 
結構な高さのジャンピングスポットの岩山。
男性陣、怖がりすぎ。
私が勢いよく飛び込みまくるので、ジャンピングガールって言われた。
 
 
 
 
Bがボート扱い上手すぎてスカウトにあう。
 
 
 
 
アユ釣りのおじちゃんとか、高校生とか、頭に金色の髪を巻きつけた赤ちゃんが手を振ってくれる。
 
 
 
流れが循環しているところでボートをとめ、皆で回って遊ぶ。。。
私だけ同じ場所でプカプカ。流れに乗らない。
 
 
 
ボートを転覆寸前まで傾けて元に戻すという遊び。
2チームに分かれていて、B率いる私たちは優秀だったんだけど。というか、元に戻すとき、Bが私を子猫?のように持ち上げてくれるから。
 
 
Yのチームは最初に転覆して爆笑。
 
 
 
 
川でのティーセットを用意してくれたインストラクターのお兄ちゃん2人は、こうやって日本各地を周ってるんだって。
 
 
 
とにかくどこでも遊びが始まる私たちなので、2時間の予定が4時間も川を下っていた。
 
 
 
 
 
帰り。
インストラクター「電車があと15分で出るよ!次は一時間後だよ!」
 
 
 
気のいいお兄ちゃん、インストラクターさん筆頭に皆で走る。
 
 
途中、3人が「ビール、ビール」と言いながら全力疾走して見えなくなる。
 
 
 
無人駅。電車発車あと1分のところでビール組登場。
急いでお兄ちゃんにお礼をいい、さよならして電車に乗る。
ビール組、皆の分もビール買ってくれてて、電車で乾杯。
 
 
それが私の誕生日でした。
 
 
 
 
 
本当にあんな大自然があるんだなー。
しばし、放心してしまったよ。綺麗で。
 
遊んだのは2か月ぶり。大事な時間を過ごせてよかった。
 
 
 
 
 
 
 
男前女が「妖怪・変えるんじゃー」にやられました。
彼女の場合はギョーカイに染まって下品になった。
身を滅ぼす恋愛をしているから、顔も汚くなってしまった。
 
これね、おフリンなんだけど、一概には言えないとは思うけれど、相手に振舞わされる&同じ職場でのおフリン&奥さんの立場と自分の立場を分かっていない彼女は最低だと認めざるを得ない。
 
 
自然で浄化できるかと思って、このラフティングにも連れて行ったけど、
途中途中でお薬を飲む私に
 
男前女「薬中だね」
 
その言葉がどんな意味なのか教えたけれど、分からなかったみたい。
 
その割に泣くのを我慢して私に論戦をぶつけてくるけど、私はいつも論戦に本気を出してないだけだってこと、分かってると思ってたのにな。
 
 
カル母にもすんごい態度大きいし、アメリカン達にも昔の彼女のままの状態で話してる分にはよかったけど、所々、ギョーカイかぶれの下品さが痛々しかったよ。
 
 
 
 
ま、ま、明日は実はちょっとした人生に関わることが決まる日。
毎日がスリリングでよろしい。
 
 
自然はよろしい。

DATE:06.30.22:14
髪型変えた。

 いたずらっていいですよね。


 今の時期、一日に2,3個課題が出続けているので、研究室もPCモード。


 で、誰か仲良しが席を立っている間なんかに、
 その人のPCのワードを立ち上げて。。。。


 フォント42くらいで、一言、中央揃いで、
「あご」
「乳」

 等書いておく。(いつもその人がイジラレテいる箇所)


 席に戻ってしばらくすると、静まり返った研究室内に

「ふふっ」


 って聞こえる。
 でも大抵、バレル。。。






 そんなこんなで結構大変な感じで。
 朝もお昼も夜もデスクの上でごはん。





 だから髪型変えてきた。
 いつものアフロから、ゆるっとパーマになり、男受けは異常にいいものの、飽きてきたので。


店長「今日はどんな?」



カル「縦巻きロールなんですよ!でも縦巻きしきってなくて!」




店長「(悩みつつ)。。。もっと続けて。」




カル「間違ったお嬢様みたいな。でもB系にもなりきれていなくて、
    縦巻きが細切れできゅるんきゅるんしてるんです」



店長「分かった!やろう!」





 普通、分からないよね。でも、理想どおりにやってくれました。
 しかーし、皆、気付かない。。。。。
 皆、ロングがショートになってやっと気付くくらいの余裕の無さ。




 
 悪かった体調が回復してきたのに、昨日からいきなり、本当に急に嘔吐の症状が出て驚き。

 でもどうしても休めないし、とにかく行った。




 女の子たちは肌がぼろぼろだし、
 男の子たちは劇痩せかメタボだし。


 ドリンク剤と栄養剤と一緒に飲んでるし(胃に悪そう・・・)。






 講義を途中で抜け出して机に突っ伏していると、同じクラスの「おじちゃん」が現れる。

 決して見た目は「おじちゃん」じゃないんだけどね。
 細身で背が高い。




カル「おじちゃん、講義は?」

おじ「うん。ちょっと資料をね。。。」

 私がここにいることが可笑しいってことに気づいていない。。。
 あ、丁度いいじゃん。



カル「おじちゃん、あのさ、私の置きっぱなしの資料を戻しておいてくれる     
    ように、女の子たちに頼んでおいてくれるかな?」




おじちゃんは、誰もいない教室で、全く表情を読み取れない目を私に向けて言った。




「あら~?体調悪いの??大変だよ~。こんな講義、何にもならないんだから早く帰りなさい?」



。。。。。イラっ



おじ「いや、カルちゃん。」

カル「うん?」


おじ「うん、病気の割に肉付きがいいから大丈夫!痩せてない!」


カル「なにー!!!」


おじ「ほら元気出た!今のうちに帰りなさい。」






。。。。。確かに、怒りってパワーになるよね。
     お陰で苦しむことなく家に帰って、今。






週末、雨の中でバレーしようぜ!のフランス人のお誘いにのらなくてよかった。。。